睡眠でアンチエイジング

アンチエイジング top > インナーケア > 睡眠でアンチエイジング

睡眠でアンチエイジング


アンチエイジングケアに、睡眠は不可欠です。

肌の不要な角質層を垢としてはがし、新しい角質層に正常に生まれ変わるためには、
ターンオーバー(新陳代謝)が活発である必要があります。

正常な肌のターンオーバーの周期は「28日」と言われています。

この28日周期のサイクルが、生活習慣の乱れや加齢などにより、乱れてしまうのです。

ターンオーバーのサイクルが崩れることにより、古い角質層が残り
眼の下のクマや吹き出もの、ニキビ、くすみ、シワなどの原因となってしまいます。


健康な肌(美肌)とは、身体の内側から作られるものです。

スキンケアは意識していても、睡眠がアンチエイジングに深く関わっているということは
見逃してしまいがちではないでしょうか?

ターンオーバーのサイクルを正常に保つために重要なのは、栄養と睡眠なんです。

ターンオーバーのゴールデンタイム?

肌のターンオーバーを活発にするためにも、成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムと言われる「 午後10時から午前2時 」この時間帯に、睡眠をとるのが肌に良いと言われてきました。

自律神経の働きやホルモンの放出は、太陽の運行に沿った日周リズムに支配されているということからだそうです。

でも、最近では、「成長ホルモンは午後10時から午前2時までと、分泌する時間が決まっているわけではなく、そもそも睡眠は眠ってからほぼ30分後に深くなり、その頃に成長ホルモンの分泌が始まる。それから1時間後ぐらいにもっとも分泌がさかんになる」という研究報告があります。

つまり、お肌は眠ってから1時間半~2時間後にピークを迎え、睡眠後の3時間くらいは、成長ホルモンが盛んに分泌され、肌の修復作業を促します。

人間のからだには一日のリズムがあるので、不規則な生活は体内時計を狂わすこととなります。

毎日決まった時間に眠るリズムをつくり、質の高い睡眠、安眠する時間を確保することが美肌づくりに大切です。

ただし、決まった時間になるならいつも夜更かししてよいのではないので、できれば、夜12時までには就寝して、最低でも6時間程度の睡眠をとることがポイントです!


睡眠は質が決めて!

睡眠は量ではなく質が決め手です。

長い時間横になっていても、「朝爽やかに起きれない」、「いつまでも眠りに入れない」などで、
充分な量の質の良い睡眠を確保できていなければ、ホルモンの分泌も不規則になります。

逆に長すぎる睡眠時間は、頭痛や倦怠感も引き起こします。

肌を再生させる成長ホルモンは、睡眠中にしか分泌されません。

質の良い睡眠を確保するためにも、生活リズムを整えることが大事ですね♪

関連記事

  1. 同窓会5日間前。まだ間に合う集中スキンケア
  2. 水分不足にコラーゲン
  3. 美肌対策も一年の計♪
  4. 美肌アンチエイジングのプチテク♪
  5. 栄養バランスの見直しで美肌づくり
  6. コラーゲンでアンチエイジング

トラックバックURL

http://www.zeleni-plan.org/innercare/%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e3%81%a7%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%81%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*